好かれる話し方のコツ ~比喩・直喩の意味~

002299

 

好かれる話し方のコツは、「比喩」(ひゆ)にあります。

特に印象に残したい箇所で、比喩表現を使うと効果的です。

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. 比喩とは ~比喩表現、比喩法~

317462

 

比喩(ひゆ)とは、

ある物事を説明するために、

共通した特徴のある、他の物事に、例える、表現方法です。

 

比喩を使うと、抽象的な言葉でも、具体的に表現することができます。

 

例えば

「人生とは」などという、抽象的な言葉を説明するのは、非常に難しいですし、時間もかかります。

 

哲学的な話になるため、いくら説明をしても、聞き手を納得させるのは困難でしょう。

 

ところが、比喩を使って説明したら、どうでしょうか?

 

「人生とは、マラソン競技のようなものである」

 

このように表現すれば、聞き手は、なんとなくわかったような気がします。

 

…なるほど、有終の美を飾るには、スタミナの配分も大事だし、周囲のペースに巻き込まれずに、自分のペースで走れということだな…

 

比喩を使うことで、複雑な内容を、瞬時に、理解してもらえるのです。

 

2. 直喩とは ~直喩法~

074015

 

比喩にも、種類がいろいろありますが、

一般的に使われるのが、「~のように」という形式で用いる「直喩」(ちょくゆ|明喩、めいゆ)です。

 

例えば、激しい雨の降り方を描写するときに、

「水面は、まるで煮えたぎった鍋の表面のように、無数に水がはじきかえっています」

このように表現することで、どしゃ降りになっている情景が、思い浮かびます。

 

比喩・直喩を使うことで、聞き手の頭のなかに、話し手の伝えたい情景がはっきりと思い浮かぶのです。

 

3. 好かれる話し方のコツ

123747

 

話のカギを握る「重要な数字」が出てきたときは、比喩を使うといいでしょう。

 

例えば、

「夏場の東京都の水道の使用量は、598万2000トンもあります」

という話をしたとき、パッと聞いただけでは、どのくらいの量なのか、見当もつきません。

 

ところが、

「東京ドームを一升だとしたら、12杯分もあるんです」

このように、比喩を使って裏づけると、聞き手にも『ウワッ、すごいな…』という実感がわいてきます。

 

 特に印象に残したい箇所で、比喩表現を使うと効果的

 

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す