好かれる話し方のコツ ~聞き手の心をつかむ「5つの切り出し方」~

好かれる話し方のコツ ~聞き手の心をつかむ「5つの切り出し方」~

 

好かれる話し方のコツは、「切り出し」にあります。

特に、持ち時間の少ない場合は、スタートの切り出しでつまずくと、話を立て直す時間は残されていません。

話し始めで、聞き手の心をしっかりつかみ、一気に引っ張っていく必要があるのです。

イラスト

 

 

 

 

 

 

好かれる話し方のコツ ~聞き手の心をつかむ「5つの切り出し方」~

000386

 

話の上手な人は、最初のひとことで、聞き手を惹きつけます。

 

  • 「もしも、今、大地震が起きたら、あなたはどうしますか?」
  • 「宇宙人は必ずいると言ったら、あなたは信じますか?」

 

聞き手に「何の話だろう」と思わせて、聞く意欲をかき立てながら、グイグイと話に引き込んでいくのです。

 

特に、持ち時間の少ない場合は、長い話のときよりも、切り出しの10秒が重要になります。

 

例えば、「マラソン競技」と「短距離競走」を比較して、考えてみましょう。

 

同じ、陸上競技ではありますが、記録を更新するために注意すべきポイントは、異なります。

 

マラソンでは、「ペース配分」が勝敗を左右します。

 

多少、スタートが遅れても、自分のペースを守り、徐々にピッチをあげていけば、記録を更新することはできます。

 

ところが、短距離競走では、一にも、二にも、「スタートの切り方」ひとつで、勝負が決まってしまいます。

 

スタートで失敗すると、すべてが台無しになってしまうのです。

 

「人前での話」の場合も、まったく同じことが言えます。

 

長い話は、中身がよければ、多少、切り出しが平凡でも、話の展開を工夫することで、聞き手の注意を惹きつけて、感動を与えることができます。

 

しかし、3分程度の話では、スタートの切り出しでつまずくと、話を立て直す時間は残されていません。

 

話し始めで、聞き手の心をしっかりつかみ、一気に引っ張っていく必要があるのです。

 

切り出しのうまさが、話全体の印象を決めるわけですから、

聞き手の心をわしづかみにする、切り出し方法を、数多く、身につけておくことです。

 

~聞き手の心をつかむ「5つの切り出し方」~

①「話題」を告げるときに、ひとひねりする
②「質問型」で、考えさせる
③「不完全予告法」で、ドキッとさせる
④「物語風」に切り出して、イメージを広げる
⑤「視覚物」を使って、趣向をこらす

①「話題」を告げるときに、ひとひねりする

 

話し始めに、話題を告げるのが、話し方の基本ですが、

ありきたりの話題を述べるのではなく、聞き手の興味を惹きつけるような工夫をしましょう。

 

例1:「挨拶の大切さを知った」→「挨拶ひとつで100万円の注文がきた」

 

例2:「安全運転をしよう」→「女房子供を路頭に迷わすな」

 

例3:「不景気なので物を大切にしよう」→「あなたの家庭生活を豊かにする方法をお教えします」

 

同じ話題でも、表現の仕方によって、聞き手に与える印象は、まるで違います。

 

常に、「聞き手が興味をもつかどうか」という視点で、考えましょう。

 

②「質問型」で、考えさせる

 

話し始めに、話題を告げるのが、話し方の基本ですが、

  1. 聞き手に、受け入れ態勢をつくってもらうこと、
  2. 話し手自身の、言いたいことを明確にすること、

この2つの原則さえ、守っていただければ、必ずしも、話し始めに、話題を告げる必要はありません。

 

開口一番に、質問を投げかけて、聞き手に考えさせてから、話に入るのも、ひとつの手です。

 

例1:

「水道の水が出ない、電気がつかない、ガスが出ない…、あなたは、このような生活を想像したことがありますか?」

「今日は、当たり前のことに感謝の気持ちをもとう、という話をします」

(→あるものが無くなって、ありがたさがわかるのでは遅い…という話)

 

例2:

「毎年、およそ150万人もの人々が迎えることといったら、あなたは、何かおわかりになりますか?」

「今日は、社会人になったら責任をもとう、という話をします」

(→成人式の話)

 

例3:

「あなたは、並んでいるとき、横から割り込みをされて、腹が立った経験はありますか?」

「今日は、人の振り見て我が振り直せ、ということを申し上げます」

(→マナーを守ろう…という話)

 

聞き手は、質問の答えを探そうとして、じっくり、話に、聞き入ってくれます。

 

「皆さん」ではなく、「あなた」という言葉を、使うようにしましょう。

 

そうした方が、聞き手も、自分のこととして、考えてくれます。

 

そして、質問を投げかけたら、必ず、聞き手が考えるだけの「間」を置きましょう。

 

この「間」があってこそ、質問が生きてくるのです。

 

③「不完全予告法」で、ドキッとさせる

 

意外な言葉で、聞き手の注目を集めるのが「不完全予告法」です。

 

例1:

「私は、これまで三回も、警察のお世話になりました」

(→よく、話を聞いてみると、幼稚園のとき、迷子になった話)

 

例2:

「私は、昔、ニューハーフでした」

(→よく、話を聞いてみると、七五三のとき、晴れ着を着るのが嬉しくて、姉の晴れ着を借りて、女の子の格好で、お宮参りをした話)

 

例3:

「〇〇さんには、隠し子がいることを、あなたは、ご存じですか?」

(→〇〇さんは、幼稚園の保母さんで、子供たちから『お母さん』と呼ばれている話)

 

表現をちょっと工夫するだけで、聞き手をドキッとさせて、話に引き込むことができます。

 

④「物語風」に切り出して、イメージを広げる

 

ステージの前に立ったとき、すぐには、声を出さずに、少し、間をおいてから、「物語風」に話を切り出すと、

聞き手の興味を、一気に、喚起することができます。

 

例1:

「これは、雪の降る師走の繁華街での出来事です。

ある薬局に、地下足袋(じかたび)をはいた、一見、人足(にんそく)風の中年の男性がやってきました…」

 

例2:

「6月の、ある日曜日のことです。

梅雨の中休みでしょうか。

久しぶりの、薄日の差した昼下がりです。

街行く人たちは、初夏を楽しむかのように、散策しています…」

 

例3:

「西の空には、まるで水の中に赤いインクをまいたような、真っ赤に燃える夕焼けが広がり、我が家に帰る子供たちの背中を照らしています…」

 

「物語風」に話を切り出すと、イメージを共有できるため、聞き手が何人いても、全員の気持ちを同じ方向に向けさせることができます。

 

⑤「視覚物」を使って、趣向をこらす

 

話に入る前に、ちょっとした小道具などを使う方法です。

 

人は、誰でも、「自分の目で見たい…」という欲望が強いのです。

 

小道具を使うことで、話し手の一挙手一投足に、注目するでしょう。

 

聞き手にとっても、気分転換になりますので、疲れをほぐす効果もあります。

 

例:

 

「これが何だか、おわかりになりますか?

(クルミを見せる)

そうです。

これは、クルミです。

あなたは、このクルミを、素手で割ることができますか?

(少し、間をおく)

…今日は、このクルミを、簡単に割る方法を、お教えしましょう。

それは、このクルミを、土の中に埋めることです。

すると、何日もしないうちに、固いクルミの殻は、簡単に割れて、地上に芽が出てきます。

こんな固い殻でも、中から成長しようという、強い気持ちがあれば、簡単に割れるのです…」

 

(→あなたの被っている固い殻は、外部の人が破ることはできない。

しかし、あなたに成長しようという、強い気持ちがあれば、自分の殻は、簡単に破ることができる。

…という主旨のメッセージ)

 

視覚物を使った切り出しは、一瞬で、聞き手の興味を、こちらに向けることができます。

 

実際に、視覚物を使うときには、聞き手全員に見えるように掲げるのが、ポイントです。

 

なお、話し手自身が、視覚物を見ながら話すと、聞きづらいので、注意しましょう。

 

☆終わりに

 

さて、話の切り出しを工夫する方法を、いくつかご紹介いたしましたが、あなたは、どれを使いたいと思いましたか?

あなたの話を成功させるためにも、こうした方法を、積極的に取り入れて、一気に、聞き手の注目を集めましょう。

イラスト

 

 

 

 

 

 

 気に入った「切り出し方」をお手本にして、自分なりにアレンジしてみよう

 

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す