あがり症を克服できない仕組み ~行動しない、継続しない~

099815

 

あがり症を克服する方法を、知っていながらも、多くの人が、その行動・継続をできないでいます。

…しかし、これには、次の合理的な理由があるのです。

イラスト

 

 

 

 

 

 

あがり症を克服できない仕組み ~行動しない、継続しない~

131842

 

あがり症を克服する方法を、知っている人は、たくさんいます。

 

ところが、

あがり症を克服する方法を、知っていながらも、多くの人が、その行動・継続をできないでいるのです。

 

  • 本を読んだり、
  • ネットで見たり、
  • 教材を買ったり、
  • 講座を受けたり、
  • セミナーに参加したり、
  • 話し方教室に通っても、

「実際に学んだことを行動に移す人は、1割ほどしかいない」と言われています。

 

さらに、

「それを継続して行う人は、また、その1割ほどしかいない」と言われています。

 

…しかし、これには、次の合理的な理由(①②)があるのです。

 

①変化を嫌がる、脳の仕組み ~自分との戦い~

268005

 

何か新しいことを始めると、その行動を「脳」が止めようとします。

 

例えば、ダイエットをしようとして、食事の量を減らしたのに、それが続かない…という経験のある方も、少なくないでしょう。

 

これは、意志が弱いからではなく、

実は、人間のもつ防衛本能がそうさせているのです。

 

人間の本能は、通常、今の状態を「安全」と認識しています。

 

そのため、

なるべく、今の状態から変化しないように、変化しないようにと、努めているのです。

 

ですので、

もし、あなたがダイエットをしようとすれば、本能は、

「危ない。痩せないようにしなくては!」

と、無意識に、食べさせようとするのです。

 

あなたが、あがり症を克服するために、行動しようとすると、本能は、

「危ない。あがり症を克服させないようにしなくては!」

と、危険を感じ、こんな声を頭の中に響かせ始めるでしょう。

 

「こんなことをして、変わるわけがない。ばかばかしい」

 

…変化を嫌がる脳の力を、あなどってはいけません。

 

ときには、失敗する夢まで見せることがあります。

 

しかし、それでも、新しい自分になるために、

行動しましょう、継続しましょう。

 

…三日坊主になっても、かまいません。

 

5日目から、また始めればいいんです。

 

そんな気持ちで、新しい行動を続けていけば、必ず、脳はその変化を認めてくれるようになります。

 

脳が変化を認めれば、その勢いは、一気に加速します。

 

一気に加速するその日まで、ワクワクしながら、新しい行動を続けていきましょう!

 

②変化を嫌がる、周りの人への対処法 ~敵は、自分だけではない~

303290

 

変化を嫌がるのは、自分の脳だけではありません。

 

あなたの周りにいる、家族や友人も、あなたの変化を嫌がる傾向にあります。

 

大きく変化すればするほど、それは顕著にあらわれます。

 

例えば、「もうネガティブな会話はやめよう」と決めたとします。

 

そうすると、これまでグチや不満などで盛り上がっていた友人との関係が、崩れ始めます。

 

そして、このバランスを元に戻そうと、友人はこう言ってくるかもしれません。

 

  • 「なんか最近、面白くないよね」
  • 「最近、何かあった?」
  • 「やめたほうがいいよ」

 

…その言葉に、傷つくかもしれません。

 

もう、やめたいと思うかもしれません。

 

しかし、

やめてはいけません。

 

…私が、あがり症を克服したときも、友達から、上と同じことを言われたことがあります。

 

いろんなことを学んで、しゃべる内容や行動が急激に変化した私を見て、家族に心配されたこともあります。

 

変化しようと、努力すると、それを後押しするどころか、それをやめさせようとする抵抗が起こります。

 

もちろん、周りの人も、足を引っ張ろうなんて思ってはいません。

 

今のバランスが崩れるのを、周りの人の脳が、元に戻そうと働いているのです。

 

  • 「そんなのできっこないよ」
  • 「どうかしちゃったんじゃない?」
  • 「そんなことやめたら?」

 

…意外にも、これまで協力者だと思っていた身近な人から、こういう抵抗が起こるので、多くの人は、その変化を諦めてしまいます。

 

しかし、

この周りからの抵抗は、自分自身が変化を始めた証拠であり、

この壁を乗り越えれば、新しい自分になれるフラグです。

 

しばらく、その周りの抵抗に負けずに、動き続けていると、

動いていることが、だんだん、楽になっていきます。

 

その頃には、周りにも、新しい自分への認知が広がり、

脳が、周りが、その変化を認めてくれるようになります。

 

もしかしたら、友達が減ってしまうのではないか…と、恐れを感じる方も、いるかもしれません。

 

でも、安心してください。

 

あがり症を克服した、あなたには、今まで以上に、たくさんの人が、引き付けられます。

 

それも、今まで以上に、自分のことを理解してくれる人たちです。

 

人生が、今まで以上に、楽しくなることは、間違いありません。

 

周りが、その変化を認めてくれる、その日まで、ワクワクしながら、新しい行動を続けていきましょう!

 

☆自分を知らない人が集まる場所で、話す機会をつくろう

130855

 

「自分を知らない人が多いほど、簡単」ということも、コツとして知っておくと、いいでしょう。

 

自分のことを知っている人が多いときには、

  • 「〇〇さんは、消極的」
  • 「〇〇さんは、人前で話すのが苦手」
  • 「〇〇さん、らしくない」

など、周りの意識(変化を嫌がる力)が働きます。

 

自分の期待した通りでない行動をする人を、元に戻そうとする力です。

 

人は、無意識に、「人の期待に答えなければ…」と思ってしまい、

ついつい、みんなが知っている自分をふるまってしまうのです。

 

ですので、

できるだけ、自分を知らない人が集まる場所で、話す機会をつくれるように、努めてみましょう。

 

  • 他人に道を尋ねる
  • 商品の場所を店員さんに尋ねる
  • 電車でお年寄りに席を譲る
  • 大勢のいる場で質問をする
  • 飲食店で店員さんを大声で呼んでみる

など、日々のトレーニングの成果を試す、小さな本番を設定しましょう。

 

少しずつ、自分を人目にさらし、小さな成功を積み重ねることが、大きな成長に繋がります。

 

YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す