あがり症でも、好きな異性と上手に話すことができる! ~聞き役に徹する「傾聴」の3つのポイント~

SEP_318715193505-thumb-1000xauto-16090

 

「話し上手は、聞き上手」

…なんて、ことわざがありますよね?

話すのが苦手なら、無理に話さないで、聞き役に徹するのも、ひとつの手です。

これを、心理学・ビジネス用語で、「傾聴」(けいちょう)と言います。

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. あがり症でも、好きな異性と上手に話すことができる!

CAFEnomadojyosi15221149-thumb-1000xauto-16096

 

あがり症の方にとって、好きな異性と話すことは、非常に緊張を強いられる場面です。

 

好きな異性と話したときに、あがりすぎて、変な受け答えをしてしまった…という経験はないでしょうか?

 

恋愛に臆病になっている方も、少なくないのではないでしょうか?

 

ですが…

こんな経験は、あがり症でなくても、誰にでもあるものです。

 

好きな人だからこそ、ちょっとでも、いい印象の受け答えをしたい…という気持ちが、つい空回りしてしまうんです。

 

別に無理をして、面白い話をしようとする必要はないんです。

 

その代わり…

相手が話していることを、真剣に聞いてあげましょう。

 

話すよりも、聞き役に回るほうが、何倍も冷静でいられますし、

誰でも、自分の話を聞いてもらえる環境を、無意識のうちに、求めているものなんです。

 

事実として…

銀座のクラブのナンバーワンは、聞き上手の方が、非常に多いです。

 

あなたは、自分の話を、一番よく聞いてくれる人だ…と思ってもらえるような、

あの人にとっての「世界一の聞き役」を目指してみてはいかがでしょうか?

 

2. 聞き役に徹する「傾聴」の3つのポイント

CAFEonnnanoko15212650-thumb-1000xauto-16094

 

「聞き役に徹する」ということは、「消極的になる」ということではありません。

 

「積極的になる」ということです。

 

「傾聴」(けいちょう)の目的は、相手の話をきくことではありません。

 

「相手を理解する」「相手に相手自身を理解させる」ことです。

 

①話し手への理解を深めると、共に、

②話し手の、話し手自身に対する理解を深めさせ、

納得のいく判断や結論に到達できるように、サポートしてあげて下さい。

 

自分のききたいことを、きくのではなく、

相手が話したいこと、伝えたいことを、受容的・共感的な態度で、真摯に、引き出してあげて下さい。

 

相手の話しには、注意を払って、より深く、丁寧に、耳を傾けましょう。

 

話し手が、自分自身に対する理解を深め、より積極的な行動がとれるように、サポートしてあげましょう。

 

 言葉以外の行動に注意を向け、理解する(姿勢、しぐさ、表情、声の調子など)

 言葉によるメッセージに、最後まで耳を傾け、理解する

 言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す

 

あなたが、一日も早く、あがり症を克服し、ハツラツと自信に満ちた毎日を送っていただくことを、心から願っております。

 

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す