あがり症を克服する精神論 ~心理学的アプローチ~

043350

 

「自分を、信じて下さい」

気持ちだけでは、どうにもなりません。

ですが、気持ちがあるに越したことはないのも、また、事実です。

何をするにも、最後は、気持ちです。

精神論を身につけて、人前で話すことに自信を持ちましょう。

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. あがり症の心理学

PAK75_karutemitenayamu20141025131412-thumb-1000xauto-18291

あがり症を克服する方法

 

アメリカの心理学者「ウィル・シュッツ」(Will Schutz)博士は、

人の心理、自尊心には、

①自分が、好かれたいという感情「自己好感」

②自分が、重要な存在として認められたいという感情「自己重要感」

③自分が、有能であると評価されたいという感情「自己有能感」

という、3つの感情、欲求があると言います。

 

そして、これらが傷つけられるかもしれないと感じた瞬間、

人は、「緊張」「あがり症」という症状を、引き起こし、

 

これら、3つの感情、欲求が過度に働くことで、

人は、自分が他人にどう見られるかを考えすぎるという「自意識過剰」を、引き起こすと言います。

 

症状が嫌で、治そうと意識すればするほど、症状は悪化して、悪循環に苦しめられることになるのです。

 

「…意識 → 症状 → 意識 → 症状…」

 

2. あがり症を克服する精神論

 

①普通であることを、自覚しよう
②巧遅ではなく、拙速になろう
③とにかく、行動しよう
④大きな声を出そう
⑤自己開示しよう
☆終わりに

 

①普通であることを、自覚しよう

037832

 

人は、誰でも、緊張します。

 

日本人のおよそ8割は、人前に出るとあがってしまうと言われています。

 

「緊張」「あがり症」は、ごく普通の反応なんです。

 

もしかしたら、人前で堂々としている、あの人も、あがり症かもしれません。

 

芸能界を引退した、あの「島田紳助」(しまだ しんすけ)さんも、あがり症だったみたいです。

 

ですので、自分があがってしまっても、落ち込む必要はありません。

 

もちろん、落ち込んでしまうのも、普通の反応です。

 

普通であることを、自覚しましょう。

 

②巧遅ではなく、拙速になろう

131842

 

巧(たく)みで、遅い「巧遅」(こうち)と、

拙(つたな)く、速い「拙速」(せっそく)

 

あがり症の多い、日本には、巧遅、完璧主義の方が多いです。

 

中国の散文選集『文章軌範』(ぶんしょうきはん、Wen-zhang gui-fan)には、こんな言葉があります。

 

「巧遅は、拙速に、如(し)かず」

 

巧遅は、拙速に、及ばない。

 

出来が良くても、遅いのは、

出来が悪くて、速いのに、及ばない。

 

現に、

完璧じゃなくても、拙速に行動する人の方が、大きな物事を成し遂げています。

 

人前で話すことに、たくさん失敗した方が、人前で話すことに、上手になれる、

ということです。

 

巧遅ではなく、拙速になりましょう。

 

③とにかく、行動しよう

076818

 

緊張、あがり症の原因のひとつに、不安要素が多いことが、挙げられます。

 

  • もし、頭が真っ白になったら…
  • もし、言葉に詰まったら…
  • もし、マイクやスライドが故障したら…

 

不安だと思う要素を、ひとつずつ、つぶしていきましょう。

 

そうすることで、本番の緊張が、どんどん和らぎます。

 

  • 繰り返し、リハーサルをしたり、
  • 事前に、会場に足を運んでみたり、
  • 会場に入って、ステージに立ってみるなど、

 

心配事を、ひとつでもなくすように、行動しましょう。

 

④大きな声を出そう

032940

 

声が小さいと、弱気に見えますし、心も小さくなってしまいます。

 

声が大きいと、強気に見えますし、心も大きくなります。

 

大きな声を出すことで、表情や態度も、堂々とした振る舞いになるのです。

 

また、意識を、緊張からそらすこともできます。

 

最初の第一声だけでも、かまいません。

 

勇気を持って、大きな声を出しましょう。

 

⑤自己開示しよう

109994

 

自己開示とは、自分自身に関する情報を、ありのままに伝えることです。

 

あなたは、自己開示をしてくれる人と、自己開示を一切しない人なら、どちらに好意を持つでしょうか?

 

きっと、自己開示をしてくれる人に、好意を持つはずです。

 

実は、自己開示には、返報性の現象があって、

自分が自己開示をすることで、相手も自己開示をしようという意識が働き、仲良くなれる仕組みがあるんです。

 

世間で、人気者と言われている人は、どうでしょうか?

 

きっと、自分を良く見せずに、自分の弱みを堂々と自己開示しているはずです。

 

自分の緊張を包み隠さずに、周囲に明かしてしまうのも、ひとつの手です。

 

あなたに、親しみを持ってくれますし、場の空気も、和みます。

 

あなた自身も、驚くほど、心が楽に、なるでしょう。

 

☆終わりに

043463

 

あがり症の方は、真面目で、努力家な方が、多いです。

 

あがり症を克服することで、今まで培ってきた、素晴らしい能力を、開花させることができるでしょう。

 

あなたが、一日も早く、あがり症を克服し、ハツラツと自信に満ちた毎日を送っていただくことを、心から願っております。

 

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す