発声練習・ボイストレーニングの方法 ~あごの位置によって、声の出やすさが変わる~

ƒCƒ“ƒ^ƒrƒ…[01

 

発声練習・ボイストレーニングをするときに、まず、注意しなければならないのが、「あごの位置」です。

あごの位置によって、声の出方は、変わります。

声を出しづらい原因に、あごの位置が、関係しているのです。

イラスト

 

 

 

 

 

 

発声練習・ボイストレーニングの方法 ~あごの位置によって、声の出やすさが変わる~

273277

舌を噛む、滑舌の悪い原因を改善・よくする「発声練習・ボイストレーニング」 ~①腹式呼吸法と②早口言葉~

 

人体の構造上、声が出しやすい、あごの位置は、決まっています。

 

発声練習・ボイストレーニングをするときは、その位置に、あごを固定して行いましょう。

 

  1. あごが、上に向きすぎない、下に引きすぎない、
  2. 肩や首筋に、力が入りすぎない、

自然なポジションを探します。

 

大きく「あー」と、声を出しながら、

あごを、上下に、大きく、ゆっくりと、動かしてみてください。

 

そうすると、ちょうど、のどが開いて、声が出しやすい位置が、見つかるはずです。

 

たいていは、グーッと、あごを引いて、ちょっと起こしたあたりになります。

 

あごの位置がわかったら、常にそのポジションをキープしながら、発声練習・ボイストレーニングを行うようにしましょう。

 

テキストを見ながら行う場合も、あごの位置は動かさず、テキストを持つ手の位置を変えるようにしてください。

 

あごが適切な位置になると、自然と胸が開き、声を出しやすくなります。

 

常に、あごの位置を決めて練習すると、

いつでも、最適な位置に、あごをキープすることができるようになるのです。

 

 発声練習・ボイストレーニングの前に、「ベストポジション」を確認しよう!

 

ホイッスル

 あがり症克服、話し方トレーニング!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す