好かれる話し方のコツ ~話し言葉と書き言葉~

PAK85_lalamaittawai20140321-thumb-1000xauto-16935

 

好かれる話し方のコツは、「話し言葉」にあります。

聞き手が、「耳」で聞いて、理解しやすいように、難しい熟語や、聞き慣れない表現は、避けるべきです。

イラスト

 

 

 

 

 

 

①難しい表現は、避ける

217338

 

日本人は、人前に出ると、思いっきり背伸びをして、難しい話をしたがるものです。

 

普段は用いない難解な言葉や、理解できないような表現を、使いたがります。

 

「人間性に対する本質的価値を付与することもさりながら、価値剥奪も一定のメリットをもつと思われます」

 

…これでは、聞き手の頭を混乱させるだけで、話す効果は上がりません。

 

「私たち、人間は、ほめるだけでなく、ときには、けなすことも必要です」

 

このように、わかりやすく話せば、全員が理解できます。

 

そもそも、難しい言葉を使う理由は、

  • 「人に馬鹿にされたくない」
  • 「自分を格好よく見せたい」

このような意識が働いているのが原因です。

 

こうした意識が強すぎると、

  • 人前でうまく話せなかったり、
  • 緊張・あがり症に拍車をかけたりする結果となるのです。

 

②「漢語」は、話し言葉に置きかえる

052994

 

例えば、朝礼の打ち合わせなどで、

「各管轄責任者は、作業の進行状況を詳細に把握して、要所要所で状況伝達を密に行って下さい」

…などと伝えては、大体の意味は、理解できても、重要なポイントは、頭の上を素通りしてしまいます。

 

こんな言い方をするよりも、

「それぞれの持ち場の責任者の方は、仕事の進み具合をよく見ておいてください。そして、そのつど、連絡してください」

こう言ったほうが、よっぽど、わかりやすいのです。

 

人前で話すときには、「漢語」(漢字音で読む熟語)を、なるべく、使わないようにしましょう。

 

書き言葉で表現された「漢語」は、目で見るからこそ、意味がつかめるのであって、

耳で聞いても、すぐには理解できないものが、多いからです。

 

例えば、電話の対応で、

「ただいま〇〇は、リセキしております」と伝えるよりは、

「ただいま〇〇は、セキをハナれております」こう伝えたほうが、わかりやすいのです。

(※席を離れる「離席」)

 

テレビのニュースなどでは、アナウンサーの読み上げる記事のなかで、聞き取りにくい、新しい言葉が出てくると、字幕などで解説することがあります。

 

私たちが人前で話すときは、このようなことはできませんから、

原稿を作成した時点で、口に出して読んでみて、スッと耳に入ってこない表現は、わかりやすい言葉に、置き換えるようにしましょう。

 

 熟語だらけだと、わかりにくい。わかりやすい言葉で、表現しよう

 

YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す