人前で話すときの緊張対策 ~「歩き方」「表情」「お辞儀」~

AL001-3doornobu20140830-thumb-815xauto-17507

 

問題です。

Q:人前で話すときに、一番緊張する瞬間は、いつでしょうか?

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. 人前で話すときに、一番緊張する瞬間とは?

AL001-3doorhiraku20140830-thumb-1000xauto-17506

 

人前で話すときに、大勢の目線を感じるのは、

ステージに上がり、マイクの前に向かって、歩いているときです。

 

大勢の目線を感じながら、「失敗しないように…」などと自意識過剰になり、

これから話すことで、頭の中がいっぱいになります。

 

無事に終えることだけを、考えているので、

  • 歩き方が、せわしくなり、
  • 顔の表情が、こわばり、
  • 目線も、定まりません。

 

ようやく、マイクの前に立ち、お辞儀をするわけですが、

このとき、緊張・あがり症が、最高潮に達します。

 

聞き手から、目を離すのが、怖いので、

顔を前に向けたまま、中途半端なお辞儀をして、すぐに話し始める人が大半です。

 

きちんと、心の準備をしないため、

最後まで、硬い表情のまま、壇上で棒立ちになるなど、みっともない姿を、さらけ出すことになります。

 

2. 人前で話すときの緊張対策 ~「歩き方」「表情」「お辞儀」~

 

①「歩き方」と「表情」で、感情をコントロールする

②きちんと「お辞儀」をして、心の準備をする

 

①「歩き方」と「表情」で、感情をコントロールする

好かれる話し方のコツ ~ファースト・ステップ・テクニック~

好かれる話し方のコツ ~ファースト・ステップ・テクニック~

 

緊張・あがり症を、最小限に抑えて、落ち着いて話すには、

マイクの前に立ったときに、自分のペースで話せるように、気持ちを、コントロールすることです。

 

マイクに向かって、歩いているときは、

「私は、今、歩いている。胸を張って、かっこよく歩こう」

などと、その行為だけに、集中します。

 

そして、マイクの前に立ったら、

すぐには、声を出さないで、聞き手にわからないように、深呼吸をしましょう。

 

ゆっくりと、ひと呼吸、入れるだけで、

緊張・あがり症が、だいぶ、おさまります。

 

ここで、にこやかな表情を出せれば、申し分ないのですが、

「緊張・あがり症で、顔がこわばっているのに、笑顔なんて無理です…」

こう思われる方も、いるかもしれません。

 

ですので、

笑顔をつくるのが、難しければ、せめて、目を大きく開けるように、意識しましょう。

 

これだけで、顔の表情は、パッと、明るくなります。

 

顔の筋肉がほぐれると、体の状態もリラックスしてきて、落ち着きを、取り戻せます。

 

この状態になって、はじめて、

「皆さま、おはようございます」と、挨拶をして、

丁寧に、お辞儀をします。

 

②きちんと「お辞儀」をして、心の準備をする

286109

 

「お辞儀なんて…」

こう軽く考える人もいますが、実は、この「お辞儀」が上手にできる人は、意外と少ないのです。

 

緊張・あがり症のために、多くの人が、ピョコンと頭を下げるだけで、しっかりと「お辞儀」をしていません。

 

このように、いい加減な「お辞儀」の状態で、話し始めると、

緊張・あがり症を、最後まで、引きずってしまいます。

 

ですので、

丁寧に「お辞儀」をして、落ち着きを、取り戻しましょう。

 

頭を上げたときには、驚くほど、落ち着いている自分に、気付くはずです。

 

これが、自分のペースをつかむコツです。

 

☆「お辞儀」の仕方には、ルールがある

056925

 

お辞儀は、正しく起立することから、始まります。

 

まず、足のかかとを、そろえて、立ちましょう。

 

次に、ズボンの両脇にある縫い目に、手のひらを伸ばして、中指を軽くあて、

腰から、静かに、折るように曲げます。

 

背中を丸めて、頭だけを下げる人が多いのですが、

後頭部と背中は、一枚の板のように、一直線に保ち、腰から曲げます。

 

このときに、顔を前方に向けないで、

目線は、足のつま先から、1メートルくらい先を、見るようにしてください。

 

(女性の場合は、腰を曲げながら、両手を前にもってきて、そのまま前で組むといいでしょう)

 

  1. 45度の位置まで、腰を曲げ、
  2. そこで、3秒くらい止めてから、
  3. ゆっくり、体を起こします。

 

朝礼などで、話をするときも、

人前に出て、起立の姿勢を保ったら、

大きな声で、「皆さま、おはようございます」と言って、お辞儀をしましょう。

 

頭を下げたところで、聞き手から、「おはようございます」と、返事が返ってきます。

 

そして、

  1. 頭を上げてから、
  2. ひと呼吸、入れて、
  3. 話し始めましょう。

 

このように、話し始めると、

「話し手と、聞き手の、間の取り合い」が、うまくいきます。

 

しかし、急にやっても、なかなかできるものではありません。

 

何回も、練習して、完全に身につけるようにしましょう。

 

☆「お辞儀」をしないときには…

 

人前で話すにしても、お辞儀の合わない、フランクな場面もあります。

 

そのような場面では、聞き手・聴衆と息を合わせるのに、少しコツがいります。

 

以下の記事にて、紹介しておりますので、本記事と合わせて参考にして頂ければ幸いです。

 

好かれる話し方のコツ ~改め挨拶テクニック~

 好かれる話し方のコツ ~改め挨拶テクニック~

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す