ハーブ「セントジョーンズワート」の効果と、副作用

セントジョーンズワート

 

セントジョーンズワートの効果については、議論があります。

ドイツなど、ヨーロッパでは、肯定的ですが、アメリカでは、否定的で、偽薬以上の効果は認められないとしています。

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. セントジョーンズワートというハーブ

セントジョーンズワート

「セントジョーンズワート」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)

 

「セントジョーンズワート」(西洋弟切草、セイヨウオトギリソウ)は、

ハーブティーなどの「嗜好品」として、あるいは、その薬理的性質から「薬」として、

古くから、利用されてきました。

 

現在、ドイツをはじめ、ヨーロッパでは、

うつ病や不安障害の、一般的な治療薬として、利用されています。

 

一方、20以上の国では、家畜による摂取が、流産、最悪、死をもたらすことから、

毒草として、リスト化されています。

 

日本では、薬事法上、薬効を標榜しない限りは、「食品扱い」ですので、

ハーブとして、市販されているのが現状です。

 

2. セントジョーンズワートの効果

ヒペルホリン(ハイパフォリン)

「ヒペルホリン」(ハイパフォリン)『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)

 

セントジョーンズワートの効果については、議論があります。

 

ヨーロッパの研究では、

「通常の薬と同じくらい有効で、通常の薬よりも副作用が少ない」

としています。

(※ただし、効果があるとする研究のほとんどは、ドイツ語圏のものです)

 

一方、アメリカの研究では、

「効果が非常に小さいか、全くなく、偽薬以上の効果は認められない」

としています。

 

また、セントジョーンズワートの主要な有効成分についても、議論があります。

 

①SSRIのような成分「ヒペルホリン」(ハイパフォリン)か、それとも、

②光増感色素(ひかりぞうかんしきそ)「ヒペリシン」か、あるいは、

③他の成分か。

 

…詳細は、いまだに不明です。

 

3. セントジョーンズワートの副作用

ヒペリシン

「ヒペリシン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)

 

セントジョーンズワートの副作用は、

  • めまい
  • 意識障害
  • 胃腸障害
  • 倦怠感(けんたいかん)、脱力感

など

 

SSRIのような成分「ヒペルホリン」(ハイパフォリン)が、他の成分の吸収率、薬理作用、薬物代謝に、影響を与えますので、

多量に摂取した場合には、健康被害が発生する可能性があって、注意が必要です。

 

なお、光増感色素「ヒペリシン」で、皮膚が光に敏感になり、日焼けしやすくなります。

 

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す