「緊張すると、口が渇く…」 ~ドライマウスの症状、原因と対策~

093926

 

実は、ドライマウスの一番の原因は、薬の副作用にあります。

一般に処方される、お薬のおよそ80%は、口内乾燥を、引き起こすんです。

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. ドライマウスの症状

175837

 

「ドライマウス」(dry mouth)とは、

唾液の出が、減少し、

口(mouth)が、渇いた(dry)、状態のことです。

 

歯科医学においては、

口の中(口腔〈こうくう〉)が、乾燥する症状、

「口腔乾燥症」(こうくうかんそうしょう、Xerostomia)と呼ばれています。

 

口の中が、乾燥すると、

特有の不快感をはじめ、

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 口内炎
  • 口角炎
  • 味覚障害
  • 舌苔(ぜったい)
  • 舌痛症(ぜつつうしょう)
  • 嚥下障害(えんげしょうがい)
  • スムーズに話すことができない「どもり」「吃音」(きつおん)
  • 正しい語音をつくることができない「構音障害」(こうおんしょうがい)

といった、様々な弊害をもたらします。

 

2. ドライマウスの原因と対策

003550

 

ドライマウスの原因は、

唾液の出が、減少すること、

唾液の分泌量が、低下することにあります。

 

唾液の分泌量低下には、

  • 緊張
  • 加齢
  • 喫煙
  • ストレス
  • 薬の副作用
  • 食のバランスの偏り「偏食」(へんしょく)

など、様々な原因が存在します。

 

☆薬の副作用 ~薬には、慎重になろう~

150421

あがり症の薬「インデラル」では、あがり症を克服できない

 

実は、ドライマウスの一番の原因は、薬の副作用にあります。

 

一般に処方される、お薬のおよそ80%は、口腔乾燥を、引き起こすんです。

 

通常は、薬の服用を中止すれば、元に戻りますが、

まれに、回復しないこともあるそうです。

 

薬には、慎重になるべきでしょう。

 

☆緊張 ~あがり症を克服しよう~

ƒvƒŠƒ“ƒg

あがり症の仕組み、メカニズム ~あがり症は、病気ではない~

 

唾液の分泌量は、興奮の神経「交感神経」(Sympathetic nervous system)によって、調整されています。

 

緊張すると、覚醒や興奮に関係している「ノルアドレナリン」(nor adrenaline)という物質が、活発に分泌され、

交感神経を、刺激し、

結果として、唾液の分泌量が、少なくなってしまうのです。

 

残念ながら、「緊張すると、口が渇く…」という、人体の仕組み、メカニズムを変えることは、決して、できることではありません。

 

人間、本来に備わった、正常な体の働きだからです。

 

しかし、口の渇きの原因「緊張」を和らげることは可能です。

 

緊張を和らげるには、不安や恐れをなくすこと、強い自信を持つことが必要です。

 

YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す