緊張しない方法 ~緊張するときは、目線を上げ、視野を広げよう~

162043

 

「目は口ほどに物を言う」

…なんて、ことわざがありますよね?

人は、刺激として外から情報を取り入れますが、それに対しての反応を一番にアウトプットしている器官が「目」です。

目と感情は、密接にリンクしているのです。

イラスト

 

 

 

 

 

 

①目線を上げよう

258809

 

人は、悲しいことを考えるとき、「左下」(※自分の側から見て。以下、同様)に目線を落とす傾向があります。

 

一方、楽しいことを考えるときは、「上」に目線が移ります。

 

また、

  • 過去・記憶は、「左」
  • 未来・創造は、「右」

という傾向もあります。

 

例えば…

 

朝帰りしてきた旦那さんに、「あなた、昨夜はどうしてたの?」と奥さんが聞いたとします。

 

それに対して、旦那さんが「同僚の愚痴にずっと付き合ってたんだよ。もう疲れたよ~」と答えたとします。

 

そのときの旦那さんの目線が、

  • 「左」を向いていたら、それはおおよそ、本当、
  • 「右」を向いていたら、未来をつくろう(創造しよう)としていることになるので、嘘をついているかもしれません。

 

…これと同じで、

セルフイメージを高めるためには、いつも下ばかりを見て過ごすのではなく、少し「上」に意識を向けるようにしましょう。

 

そうすることで、気持ちが上向きになり、自信にあふれてくるでしょう。

 

②視野を広げよう

263328

 

今、この文章に注目しながらも、意識をすれば、周りの空間、部屋の様子まで、見えてくるでしょう。

 

これが、「視野」です。

 

視野は、

  • 悲しいことを考えるときには、「狭い」
  • 楽しいことを考えるときには、「広い」

という傾向があります。

 

また、

人間の器の大きさとリンクしている傾向が強い、とも言われています。

 

視野を広げることで、

  1. 気持ちが上向きになり、
  2. 人間としての器も広がり、いろんな人の意見を受け入れられるようになります。

 

そのため、

自信が出るばかりか、アイデア力も高まるし、相手を褒めることができるので、セルフイメージが高まります。

 

☆まとめ

YUKA863_goanai15201954-thumb-1000xauto-18747

 

 目線を上げると、セルフイメージが高まる

 視野を広げると、セルフイメージが高まる

 セルフイメージが高まると、緊張しない

 

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す