話し方のコツ ~発声、発言~

プリント

 

「人前での話し方の基本です」

  1. 声は、いつもより、2トーンくらい大きな声で、はっきりと
  2. 少し、ゆっくりとしたスピードで
  3. 最後の語尾まで、しっかり発言する

イラスト

 

 

 

 

 

 

①声は、いつもより、2トーンくらい大きな声で、はっきりと

 

偉い人が同席しているときに発言するのは、特に緊張しますよね。

 

よく言われる、話し方テクニックのひとつに、

「声を低く話す」

というのがあります。

 

声を低く話せば、緊張しているのがわかりづらいし、堂々としているように見える、…らしいです。

 

はっきり言いますが、やめたほうがいいです。

 

あなたがその場で一番偉いなら、まだわかりますが、低い声だと、とにかく聞き取りにくいです。

 

まわりから見たら、迷惑です。

 

それに、

「聞こえないから、もう一回言って」

なんて偉い人に言われたら、さらに緊張してしまいます。

 

声は、大きく、はっきり言ったほうが、絶対に、自信があるように見えます。

 

私自身、自信があるように、よく見られるのですが、それは「声が大きい」ということが、理由のひとつです。

 

それに、

  • 元気よく発言したほうが、緊張しているのがわかりにくいし、
  • 例外はありますが、聞いている相手にも、気持ちがいいものです。

 

ですので、

発言するときは、いつもの2トーンくらい大きな声で、話すようにしてください。

 

②少し、ゆっくりとしたスピードで

 

声のボリュームに気をつけたら、次に意識してほしいのが、スピードです。

 

普段より、少し、ゆっくりと話しましょう。

 

緊張している人の話し方は、妙に、速いか、遅いかのどちらかです。

 

「早くやって終わらせちゃおう」なんて、自分本位の考えです。

 

相手には、伝わりません。

 

ですので、

自信があるように、少し、ゆっくりとした口調で、話しましょう。

 

③最後の語尾まで、しっかり発言する

 

自信がない人ほど、

「私は、こうだと思ぃ…」

などと、語尾がはっきりしていません。

 

語尾にいくにつれて、声が小さくなっていくのです。

 

語尾がしっかりしていないと、あなたの意見にも、あなた自身にも、弱さを感じてしまいます。

 

ですので、

「私は、こうだと思います」

「私の意見は、こうです」

と、最後まではっきり言いましょう。

 

YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す