あがり症克服トレーニング! ~相手の目を見て話そう~

307454

 

あがり症を克服するためには、相手の目を見て話すことが、効果的です。

相手の目を見て話すことで、あなたの言葉の説得力も増します。

基本的なことは、以下の記事にて、紹介しておりますので、本記事と合わせて参考にして頂ければ幸いです。

 緊張しない方法 ~緊張する・しないを分かつ、2つの立場・意識・視点~

イラスト

 

 

 

 

 

 

相手の目を見て話そう

111616

 

「話をするときは、相手の目を見て話す」

これは、当たり前のことですが、とても大切なことです。

 

もし、あなたが接客をしているのでしたら、お客さんの目を見て話せないとなると、これはもう、致命的です。

 

お客さんから自信がないように見えてしまい、到底、信頼なんてしてもらえません。

 

例えば、あなたが洋服を買いに行ったときに、

店員が「この服はお客様にお似合いですよ」と言いながら、目線をそらしたり、目があっていなければ、その言葉を信じることは、まずないでしょう。

 

でも、目をはっきりと見てすすめられると、人は信じてしまうものなのです。

 

それは、そこに揺らぐことのない自信を感じるからです。

 

「相手の目を見て、はっきり話す」

これは、あがり症を克服するうえでも、あなたの言葉に説得力をつける意味でも、非常に重要なことです。

 

  • 人前で話すときだって、
  • 会議で発言するときだって、
  • 上司に企画を提案するときだって、
  • 部下に指示を出すときだって、
  • 友人を励ましたり、元気を出させる一言をいうときだって、
  • 好きな人に告白するときだって、

相手の目をしっかり見て、言ってほしいのです。

 

よく本などには、

  • 「おでこのあたりを見て話す」
  • 「まゆげのあたりを見て話す」
  • 「鼻の上あたりを見て話す」

などと、書いてありますが、

それでは、相手から見たら、どうしても焦点がぼやけてしまい、相手には伝わりません。

 

相手の目をしっかりと見て、話すからこそ、自信が伝わるのです。

 

ただ、ずっと相手の目を見た状態のまま、話すのはやめましょう。

 

相手も、ずっと見られていると思うと、変に思ってしまいます。

 

ですので、ときおり、目線をずらすようにしてください。

 

「2~3秒、相手の目を見て、その後、目線をずらす」

 

2~3秒が、いかにも自信がないようでは、むしろ逆効果になってしまいますので、注意しましょう。

 

このトレーニングのポイント

059952

 

相手と目を合わせると、緊張してしまい、少し怖いと感じるかもしれません。

 

そんなときには、

相手と目を合わせることを、意識するのではなく、

相手の目を観察することを、意識してみてください。

 

口とか鼻と同じように、「単なるパーツとしての目」を見るのです。

 

そのために、もっとも簡単にできるのが、

「まばたき」を観察することです。

 

人は、おもしろいことに、まばたきが左右によって違っています。

 

どちらか一方だけが、鈍くなるというか、引っかかる感じというか、左右で違っているのです。

 

その鈍いほうが、「苦手な側」だったりするのですが、それを観察するのです。

 

「まばたき」を観察すると、驚くほどはっきりと、相手の目を見ることができるようになります。

 

 オドオドして目が泳いでいる人の話は、誰も信じない

 「目の位置」を変えるだけで、あなたの言葉の説得力が増す

 「まばたき」を観察すると、相手の目を見ることができるようになる

 

YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す