薬「パキシル(CR)」錠の効果と、副作用

パキシル錠10mg

 

パキシルは、SSRIという、第三世代のお薬です。

SSRIについては、以下の記事にて、基本的なことからまとめてありますので、本記事と合わせて参考にして頂ければ幸いです。

 選択的セロトニン再取り込み阻害薬「SSRI」とは ~SSRIの効果と副作用~

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. パキシル錠

パロキセチン

「パロキセチン」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%83%81%E3%83%B3

 

一般名「パロキセチン」

 

商品名「パキシル」錠は、スミスクライン社で開発された、

選択的セロトニン再取り込み阻害薬「SSRI」(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)です。

(※詳しくは、SSRIの記事にて)

 

  • 5mg錠
  • 10mg錠
  • 20mg錠

があり、

 

2012年からは、

内容成分が徐々に放出されて、効果が持続するように作られた、徐放薬「パキシルCR」(Controlled Release、コントロールド・リリース)錠が、

 

  • 12.5mg錠
  • 25mg錠

同社より、販売されています。

 

2. パキシルの効果

パキシル

「パキシル錠10mg」http://あがり症.net/archives/1131

 

パキシルの効果は、残念ながら、

軽度~中度の症状には、効果が非常に小さいか、全くなく、

症状が重くなるに連れて、効果が出はじめ、

極めて重度において、やっと「臨床的に有意」と言えるレベルです。

 

統計的にも、臨床的にも、有効性が確認できません。

 

3. パキシルの副作用

パキシルCR錠12.5mg

「パキシルCR錠12.5mg」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%83%81%E3%83%B3

 

パキシルの副作用は、

  • 吐き気
  • 倦怠感(けんたいかん)
  • 口が渇く
  • めまい
  • 便秘
  • 頭痛
  • 食欲不振

など

 

  • 錯乱、発熱、発汗、震え、けいれんなどの「セロトニン症候群」
  • 体の強い硬直、震え、意識がはっきりしない、発汗、高熱などの「悪性症候群」
  • 幻覚、錯覚、妄想などの「意識障害」
  • 「肝機能障害」

などの、重大な副作用

 

減量ないし断薬すると、

  • 気分や体調が、悪くなったり、
  • 寝込んだり、

何らかの拍子に、うつや不安が再発します。

 

  • めまい
  • 知覚障害
  • 睡眠障害
  • 吐き気
  • 震え
  • 発汗
  • 耳鳴り
  • うつや不安の再発

などの、深刻な離脱症状・禁断症状「SSRI離脱症候群」

 

うつ病や不安障害を、かえって重くしてしまうばかりか、

薬をやめることも、困難になってしまうのです。

 

パキシルは、

うつや不安への効果は確認できず、

また、安全性も確認できず、

有害性ばかりが報告されています。

 

効果的で、安全だとして、販売されたため、

米国では、30億ドルの訴訟を行われました。

 

他のSSRIと比較しても、危険性が高いのです。

 

SSRI全般については、以下の記事にて、基本的なことからまとめてありますので、合わせて参考にして頂ければ幸いです。

 

 選択的セロトニン再取り込み阻害薬「SSRI」とは ~SSRIの効果と副作用~

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す