舌を噛む、滑舌が悪い原因を改善・よくする「発声練習・ボイストレーニング」 ~アエイウオ練習~

kumatan_warai

 

滑舌が悪くなる原因は、

①舌の位置、

②あごの開け方、

③唇の形、

この3つが挙げられます。

イラスト

 

 

 

 

 

 

舌を噛む、滑舌が悪い原因を改善・よくする「発声練習・ボイストレーニング」 ~アエイウオ練習~

ƒCƒ“ƒ^ƒrƒ…[01

発声練習・ボイストレーニングの方法 ~あごの位置によって、声の出やすさが変わる~

 

滑舌が悪いと、舌足らずな印象を、相手に与えてしまいます。

 

若い女性が、舌足らずだと、かわいらしい印象を、受けるかもしれませんが、

仕事では、あまり、好ましくありません。

 

また、滑舌が悪いと、発音が、不明瞭になります。

 

ボソボソ話す人も、滑舌が悪いからそうなるのです。

 

やはり、ハキハキ話すほうが、好感を持ってもらえます。

 

滑舌が悪くなる原因は、

①舌の位置、

②あごの開け方、

③唇の形、

この3つが挙げられます。

 

これらの要素を正せば、滑舌の悪さが解消できます。

 

ただし、①舌の位置は、完全に間違った「発音」でもしていない限り、あまり深く考えないほうがいいかもしれません。

 

なぜなら、単独の練習は、難しいからです。

 

滑舌の練習は、次の「アエイウオ練習」で、十分だと思います。

 

☆アエイウオ練習

273277

舌を噛む、滑舌の悪い原因を改善・よくする「発声練習・ボイストレーニング」 ~①腹式呼吸法と②早口言葉~

 

日本語は、母音中心の言語ですので、

母音の発声・発音をしっかりすると、明瞭な発声・発音ができるようになり、滑舌がよくなります。

 

「ア→エ→イ→ウ→オ」の順番で、練習しましょう。

 

ア:指2本が縦に入るくらい、あごを下げ、大きく口を開ける

エ:「ア」の半分くらいの大きさにして、口を開ける

イ:唇を横に引っ張るようにして、口角をぐっと持ち上げる

ウ:唇を中央に寄せる。ただし、前に突き出さないこと

オ:唇を前に突き出し、指1本が入るくらい口を開ける

 

アエイウオ練習は、少し大きめに口を開け、ゆっくりと行います。

 

回数よりも、時間で計測したほうが、いいでしょう。

 

1日、3分を2セットで、OKです。

 

練習するうちに、滑舌がよくなるのを、実感できるでしょう。

 

1か月も経たないうちに、滑舌が、かなりよくなりますよ。

 

ホイッスル

 あがり症克服、話し方トレーニング!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す