好かれる話し方のコツ ~目線はずしテクニック~

037443

 

好かれる話し方のコツを、ご紹介いたします。

聴衆に参加させて、聴き手を主役にする方法です。

イラスト

 

 

 

 

 

 

好かれる話し方のコツ ~目線はずしテクニック~

036706

 

話し方の本などを読むと、

「人前に立ったら、聴衆にアイコンタクトをしよう!」

「人前に立ったら、会場全体を見渡そう!」

…なんていう、アドバイスを、よく目にします。

 

確かに、後ろの人まで、しっかりと目線を送って、アイコンタクトができたら、

聴衆は「ちゃんと自分のことも見てくれているんだ…」と、嬉しくなるかもしれません。

 

しかし、それをする前に、聴衆からの「目線」に圧倒されてしまう…という人も、少なくないでしょう。

 

プレッシャーになりやすい、大勢の「目線」。

 

それを、一瞬にして、軽くしてしまう方法があります。

 

それが、「目線はずしテクニック」です。

 

  • 「ちょっと、お隣の方と、目を合わせてみてください」
  • 「今日、ここにいらっしゃった目的を、少しだけ考えてみてください」
  • 「〇〇さんとの思い出を、何かひとつ、思い出してみてください」

 

…このように、

聴衆に、何かお題をやっていただいたり、質問を投げかけることで、目線は、いったん、自分のほうから、外れます。

 

また、コツとして、

相手に何かしてもらうときには、時間を決めて、取り組んでもらうと、いいでしょう。

 

「隣の人と自己紹介してください」よりも、

「3分間で、隣の人と自己紹介してください」のほうが、

脳が、力を発揮してくれます。

 

こうすることで、

  1. 自分が、楽になるだけでなく、
  2. 参加者の潜在意識に、「私は、能動的に、ここに参加してるんだ…」という、参加意識を埋め込むことができます。

 

有意義な時間にするためにも、「目線はずしテクニック」を使ってみましょう。

 

☆拒否姿勢の人にも、効果的

YOTA85_husaiyou215135819-thumb-1000xauto-14196

 

思いっきり、のけぞって、腕組みや足組みをしているような、やりづらい聴き手がいた場合にも、本テクニックは、効果を発揮します。

 

その人の「心の扉を開けるカギ」となるのです。

 

腕も、足も、表情もほぐれ、

どんどん、笑顔が増していって、いい空気になるでしょう。

 

もちろん、スピーチの時間や内容にもよるので、

どんなときでも、このように、体や心をほどくことができるとは限りません。

 

しかし、ひとつだけ、覚えておいて欲しいことがあります。

 

このように、腕や足を組んで、思いっきり拒否の姿勢をしている人というのは、

多くは、自分の内面を見られることが恥ずかしい、あるいは、それを怖がっている「かわいらしい人」だということです。

 

YOTAKA85_OKdemashita15123949-thumb-1000xauto-15823

 

ですので、何も恐れずに、優しい笑顔をもって、接してあげましょう。

 

 何かお題をやっていただいたり、質問を投げかけることで、目線を外すことができる

 目線を外すだけでなく、参加意識を埋め込むことができる

 拒否姿勢の人の「心の扉を開けるカギ」となる

 

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す