相手の意見を否定して、自分の意見を主張する方法 ~①イエス・バット法、②イエス・バット・イエス法、③イエス・アンド法~

284013

 

相手に否定されたと思われずに、自分の意見を主張できる、効果的な方法があります。

…それは、③「イエス・アンド法」(YES・AND法)です。

イラスト

 

 

 

 

 

 

①「イエス・バット法」(YES・BUT法)

 

相手の意見を否定して、自分の意見を言うには、

①「イエス・バット法」(YES・BUT法)がいいと、よく言われています。

 

  • 「そうですね」
  • 「確かにその通りだと思います」
  • 「言われていることはよくわかります」

と、いったん、その意見を「肯定」(イエス、YES)して、その後に、

 

  • 「でも…」
  • 「しかし…」
  • 「ですが…」

と、自分の主張したい「反対意見」(バット、BUT)を述べる、という方法です。

 

いったん、相手の意見を受け入れているため、相手は悪い気はしないのだそうです。

 

…でも、本当にそうでしょうか?

 

私は、「でも…」(バット、BUT)がきた瞬間に、

「カタチだけですか…」

と、つい思ってしまいます。

 

そもそも、

「BUT」は、その前に言ったフレーズを打ち消し、その後のフレーズを強調する作用があります。

 

ですので、

言われた相手は、自分の意見が否定されたうえに、反対の意見を強く言われた印象を受けるのです。

 

②「イエス・バット・イエス法」(YES・BUT・YES法)

 

もっと、気の利いた人なら、

②「イエス・バット・イエス法」(YES・BUT・YES法)がいい、と言うかもしれません。

 

  • 「そうですね」
  • 「確かにその通りだと思います」
  • 「言われていることはよくわかります」

と、いったん、その意見を「肯定」(イエス、YES)して、その後に、

 

  • 「でも…」
  • 「しかし…」
  • 「ですが…」

と、自分の主張したい「反対意見」(バット、BUT)を言い、そして、さらにその後に、

 

  • 「あの意見は良かったです」
  • 「さすが、いいところに気づいていますね」

などと、相手を、肯定したり、ほめたり、最後を「肯定」(イエス、YES)で終わらせる、という方法です。

 

確かに、一見すると、良さそうです。

 

接客でも、最後の対応が一番相手の印象に残るから、最後には良い印象にしたほうがいいのは、わかります。

 

しかし、これでは、意見として、どっちつかず…というか、

結果的に何を言いたいのかが、よくわからなくなってしまいます。

 

また、嫌われたくないから、自分の意見に近づいてきた…という印象を、相手に与えてしまうかもしれません。

 

③「イエス・アンド法」(YES・AND法)

 

相手に否定されたと思われずに、自分の意見を言うには、

③「イエス・アンド法」(YES・AND法)が、効果的です。

 

  • 「そうですね」
  • 「確かにその通りだと思います」
  • 「言われていることはよくわかります」

と、いったん、その意見を「肯定」(イエス、YES)して、その後に、

 

  • 「だから…」
  • 「ですので…」

と、自分の主張したい「反対意見」(アンド、AND)を続けるのです。

 

例えば、相手の意見に対して、

①「確かにその方法もいいですよね。でも、こうしたほうがいいと思います」ではなく、

③「確かにその方法もいいですよね。だから、こうしたほうがいいと思います」と、述べるのです。

 

言っている内容は、同じです。

 

①「でも」(バット、BUT)を、③「だから」(アンド、AND)に、変えただけです。

 

①「でも」(バット、BUT)と聞くと、

その時点で否定された気分になります。

 

しかし、③「だから」(アンド、AND)と続くと、

後にくる意見が自分を否定する内容であったとしても、どこか肯定されているような錯覚を起こすのです。

 

すると、相手の心に入りやすくなります。

 

例えば…

相手の「今、新宿店にお金をかけて、新しく改装すべきだ」という意見に対して、

あなたは「まず先に、従業員の教育にお金をかけるべきだ」という相反する考えを持っていたとしましょう。

 

その際に、

①「確かに新宿店の改装もいいですよね。でも、まず先に従業員の教育にお金をかけたほうがいいと思います」を、

③「確かに新宿店の改装もいいですよね。だから、まず先に従業員の教育にお金をかけたほうがいいと思います」に、変えるだけです。

 

もしかすると、ちょっとしたことだって思うかもしれません。

 

ですが、人と人との会話は、

  • ちょっとしたことで、争ったり、
  • ちょっとしたことで、信頼しあったりするものです。

 

だからこそ、③「イエス・アンド法」(YES・AND法)は、効果的なのです。

 

簡単に使えますので、ぜひ、使ってみてください。

 

YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す