プレゼンテーションの9つのコツ ~プレゼンで緊張しない方法~

プレゼンテーションの9つのコツ ~プレゼンで緊張しない方法~

 

プレゼンテーションには、9つのコツがあります。

プレゼンで緊張しない方法を中心に、まとめてみましたので、ぜひ、参考にして頂ければと思います。

プレゼンの極意、テクニックについては、以下の記事にて、紹介しておりますので、合わせて参考にしていただければ幸いです。

 プレゼンテーションのコツ ~プレゼンの極意、テクニック~

イラスト

 

 

 

 

 

 

①少人数の場合

緊張しない方法

緊張しない方法 ~緊張する・しないを分かつ、2つの立場・意識・視点~

 

上の記事にも書きましたが、

人前で話す前に、早めに前に立っておくと、いいでしょう。

 

演台に立って、休憩時間などをよく見るようにしてください。

 

出番が来て、「○○さん、お願いします」と言われて登場するのではなく、

早めに自ら前に立っておくことです。

 

このとき、前列に座っている人と笑顔で話したりしておくと、心もリラックスできます。

 

②大人数の場合

179137

あがり症克服!視野・意識・心を広げるトレーニング

 

もちろん、参加者たちを見るのですが、

自分の心のイメージをグ~ンと伸ばして、会場全体を包み込んでください。

 

ジグソーパズルのように、全体から細分化して、見ていくんです。

 

③準備について

037986

メンタル・イメージ・トレーニングの方法・効果と、4つのポイント

 

準備は、徹底しておきましょう。

 

あらゆることを想定して、準備しておくといいでしょう。

 

ビジネスの場面で、「準備不足」は、「やる気がない」と言っているようなものです。

 

④身だしなみについて

200544

 

明るく見られたいなら、明るい色調のものを、どこか一点でも身につけたり、

デキる人に見られたいなら、サイズのあったスーツにネクタイを締め、チーフをさすなどすると、いいでしょう。

 

当たり前のことですが、

身なりで印象は、だいぶ違います。

 

ただ、注意しないといけないのは、

慣れないものを着ると、緊張してしまうということです。

 

ですので、普段、着慣れないものでしたら、早めに何度か着ておくといいでしょう。

 

また、メンタル・イメージ・トレーニングでなりきるのを忘れずに。

 

⑤立ち振る舞いについて

296942

 

登場するときは、姿勢を正しく、顔(あご)を上げて、ゆっくり、歩きましょう。

 

つい、人前に立つと、顔を下に向けがちですが、

丸まった背中に、顔が下を向いていると、見るからに弱々しいし、緊張している感じが、見てとれます。

 

必ず、顔をあげて、前をしっかり見ましょう。

 

⑥話し始めについて

068130

 

話し始めは、参加者の顔をよく見てから、ゆっくりと始めましょう。

 

また、人前に立ったとき、「ふー」とゆっくり息を吐き、リラックスするのもいいでしょう。

 

私は、名乗る前に、

「ふー(ここはマイクを通さずに)、こんにちは、○○です」

と、言い始めています。

 

「ふー」と、息を吐くことで、肩の力が抜けて、いい状態で、話が始められるようになります。

 

これをせずに、急に名前を言おうとすると、どもっちゃったり、震えちゃったり…

 

これを防ぐためにも、効果的な方法です。

 

忘れないでいただきたいのが、

聴衆の顔を、見ないようにすればするほど、緊張してしまうということです。

 

ですので、聴衆の顔は、しっかりと見るようにしてください。

 

⑦ブスッとした表情はNG

302434

話し方のコツ ~人前で話すNG行為~

 

プレゼンで大切なことは、笑顔で楽しそうに話す、ということです。

 

内容にもよりますが、これにつきます。

 

聞いている人たちは、ただ、その姿を見ているだけで、楽しい気分になっていくし、

笑顔で楽しそうに話している人を見ると、仮に話術的に劣っていたとしても、惹きつけられるのです。

 

東京ディズニーランドのパレードでは、みんな楽しそうに、笑顔で踊っています。

 

すると、あなたも楽しい気分になっていくでしょうし、惹きつけられるものがあるのではないでしょうか。

 

これと、同じことです。

 

作り笑いでもいいですので、笑顔を出すように、心がけてください。

 

楽しませることもそうですが、あなたが楽しんでいることも大切です。

 

もし、笑えないとしたら、心が小さくなっている状態です。

 

ですので、無理にでも笑って、心を大きくしてください。

 

あなたが思わず、笑ったり、微笑んでしまうような素材を、あらかじめ、演台に用意しておくのもいいでしょう。

 

レジュメに、子ども、恋人、ペットなどの写真を挟んだり…

 

よりリラックスして、話せるようになります。

 

⑧「相手視点」で盛り上がれる

118953

 

人前でプレゼンするということは、当たり前ですが、聞いてくれる人たちがいます。

 

何度もお伝えしていますが、自分をよく見せようとする「自分視点」ではなく、

  • 少しでも、聞いてくれる人たちにわかりやすく、
  • 少しでも、得になる話で、
  • 少しでも、興味を持ってもらえるようにと、

「相手視点」で、話すようにしてください。

 

自分がハッピーになるために、話すのではなく、

相手をハッピーにするために、話すのです。

 

  • ふつうの朝礼も、
  • 何百人もいるセミナーも、
  • 他社のなかで話す、競合プレゼンも、

全部、同じです。

 

自分のことよりも、聞いてくれる人たちに、目を向けるようにしてください。

 

また、会場に何人いようが、何百人、何千人いようが、

一人ひとりに話すように、顔を向けて、話してください。

 

確かに、一度にたくさんの顔を見ると、ビクッときます。

 

でも、何人いようが、一人ひとりの集合体です。

 

一人ひとりに気持ちを向けてください。

 

一人ひとりをしっかり「見る」のです。

 

⑨締めくくりのコツ

YOTAKA85_OKdemashita15123949-thumb-1000xauto-15823

 

プレゼンは、「最初の出だし」と「最後の締め」さえ、うまくいけば、上手に見えます。

 

ですので、特に、

最初と最後だけは、何度も、繰り返し、練習してください。

 

そして、どれだけ、途中で失敗したとしても、

最後だけは、堂々と笑顔で、

  • 「一番言いたかったこと」
  • 「聞いてくれたことによる感謝の気持ち」

を、伝えましょう。

 

例「(堂々と笑顔で)繰り返しになりますが、私が一番伝えたかったことは、○○です。

本日は、本当に、ありがとうございました」

 

…途中で失敗したと思うと、そのことばかりが気になるようになるかもしれません。

 

そのことが気になって、焦ってしまうかもしれません。

 

でも、そんな失敗のことばかりを気にしている、あなたの話を聞いている人の、身にもなってください。

 

誰が忙しいなか、自分のことばかり考えている人の話を聞きたいでしょうか。

 

そんな人いませんよね。

 

もし、途中で失敗したな、と思うようなことがあったら、そこから先、

少しでも、聞いてくれている人に、気持ちを向けて、話すようにしてください。

 

何度も言いますが、あなたがどう見られるかが大切なのではないんです。

 

聞いてくれる人に気持ちを向けることが、大切なんです。

 

すると、結果として、あなたの評価が上がっていくのです。

 

 少しくらい、話に詰まっても、問題ない。

「相手視点」で、笑顔でスピーチすれば、うまくいく。

 

YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す