あがり症を克服する方法

Green7_hissyou20141123180454-thumb-815xauto-17841

 

あがり症を克服するためには、あがり症についての理解が、必要不可欠です。

まずは、あがり症について、知ることから、始めてみましょう。

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. あがり症とは

MAX85_yacchimatta14095526-thumb-autox1000-14704

 

「あがり症」(上がり症、上がり性)とは、精神障害、恐怖症のひとつで、

人前で極度に緊張しやすい、性質・体質のことです。

 

精神医学では、「対人恐怖症」(Taijin Kyofusho Symptoms、TKS|Symptomsは、症状の意)と、定義されており、

直訳すると、「たいじんきょうふしょう症」となります。

(※アメリカ精神医学会によって出版されている『精神障害の診断と統計マニュアル』Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders、DSMより)

 

実は、あがり症は、

海外では、日本における特異的な恐怖症として、取り挙げられているのです。

 

日本で顕著な「文化依存症候群」(Culture-Bound Syndrome、CBS、カルチャー・バウンド・シンドローム|文化結合症候群)とされ、

文化精神医学の研究対象にもされています。

 

もちろん、あがり症は日本に限ったことではありませんが、

少なくとも、日本にあがり症で悩んでいる方が非常に多いのは事実です。

 

日本文化とあがり症

菊と刀

 

第二次世界大戦中、日本の文化について調査・研究を行った、ルース・ベネディクトの著書『菊と刀』(1946年)では、

恩や義理などといった、日本文化の固有価値を提示する一方で、

日本の文化は、他者の嘲笑や避難を恐れて自らを律する「恥の文化」(shame culture)であり、極めて他律的である点を指摘しています。

 

  • 周りの目を気にし過ぎる
  • 失敗し、恥をかくことを極端に嫌う

こうした「恥の文化」が、日本であがり症が多い原因ではないかと考えられています。

 

2. あがり症の症状

PAK75_karutemitenayamu20141025131412-thumb-1000xauto-18291

 

  • 落ち着きがなくなる
  • 心拍数が上がる
  • 過呼吸になる
  • 汗が出る
  • 口が渇く
  • 手足が震える
  • 声が震える
  • 表情がこわばる
  • 視線の置き場に困る
  • 話そうとしても、思うように口から言葉が出ない
  • どもる(吃音、きつおん)
  • 顔がひきつる
  • 顔が赤くなる

など

 

特に、

  • 自意識過剰

「自分が他人にどう見られるかを考えすぎる」という、精神的症状が特徴的です。

 

不安に思うあまり、意識がその一点に集中し、逆に症状が悪化してしまいます。

 

症状が嫌で、治そうと意識すればするほど、症状が悪化して、悪循環に苦しめられることになります。

 

「…意識 → 症状 → 意識 → 症状…」

 

3. あがり症を克服する方法

MAX85_yarukimanman14100131-thumb-autox1000-12451

 

世間は、こう言います。

 

「周りの目を気にしなければいい」「意識しなければいい」

 

…ですが、そう簡単にはいきません。

 

「周りの目を気にしてしまう」「意識してしまう」のが、あがり症だからです。

 

あがり症を克服することは、世間が思っている以上に、難しいのです。

 

深呼吸をする

 

あがっているときは、過呼吸であることが多いので、

深呼吸をすると、呼吸が正常になり、一時的にあがりを抑えることができると言われています。

 

ですが、個人差が大きく、

応急処置程度で、あまり大きな効果は期待できません。

 

森田療法

 

あがり症の克服には、その症状を受け入れてしまうこと、開き直ってしまうことが効果的です。

 

森田療法とは、日本の医師、森田正馬(もりた まさたけ)氏が考案したもので、

「あがり症の自分」を、肯定して受け入れ、

「あがり症でも、かまわない」という心情を得ることにより、

あがり症を克服しようとするものです。

 

ですが、結局は、精神論。

 

これだけで、あがり症が克服できるとは、思えません。

 

話し方を身につける

 

あがり症の克服には、話し方を身につけることが、非常に効果的です。

 

話し方を身につければ、上手に話すことができますので、恥をかくことはありませんし、何も恐れるものがないのです。

 

むしろ、羨望の眼差しを受けますし、社内での評価も、ぐっと高まることでしょう。

 

人前で話すことに自信が持てれば、あがり症とは無縁なのです。

 

ところが、日本の一般教育課程では、話し方を身につけるための機会がほとんどありません。

(※欧米では、小学校から大学まで、話し方の教育が必修科目に組み込まれています)

 

話し方の教育を受けていないのですから、人前で話すことに自信が持てないのです。

 

人前で話すことで失敗し、恥をかくことを恐れて、あがってしまうのです。

 

☆まとめ

PAK85_Projectannai20141123172459-thumb-1000xauto-14705

 

 「恥の文化」を持つ日本においては、あがり症で悩んでいる方が非常に多い

 日本の一般教育課程では、話し方を身につけるための機会がほとんどない

 あがり症を克服するには、①精神論だけではなく、②人前で話す実力が必要

 

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す