デパスとは デパスの効果・時間 デパスの副作用

デパスとは デパスの効果・時間 デパスの副作用

 

デパスは、非常に強い、お薬です。

デパス0.5mgのところを、誤って5mg誤投与したため、呼吸停止し、植物状態となってしまった事例があります。

イラスト

 

 

 

 

 

 

1. デパスとは

デパス

「デパス」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)

 

「デパス」(Depas|Sedekopan|エチゾラム、etizolam)とは、

不安や緊張に効く、抗不安薬で、

睡眠導入剤としての適応も持っています。

 

直径6mm前後の、錠剤で、大きいもので、直径およそ1cm。

 

うつ病などの精神疾患、胃潰瘍(いかいよう)や、筋肉の緊張を、和らげる効果があり、

精神科、内科、整形外科などで、処方されています。

 

かつては、医師の処方箋(しょほうせん)なしで買える「市販薬」でしたが、

現在では、医師の処方箋(しょほうせん)なしでは買えない「処方薬」とされ、

店舗販売はもちろん、インターネットや電話による通信販売も禁止されています。

 

ところが、

「個人輸入の通販であれば、自宅に居ながら処方箋不要で購入することができます」などと謳う、

薬事法に反して販売している事業者が跡を絶ちません。

 

2. デパスの効果・時間

デパス2

「デパス 1mg錠」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)

 

デパスは、

①強い、効果と、

②短い、持続時間という、

2つの特性を持っています。

 

①デパスの効果は、

  • 不安や緊張などの、情動異常の改善、
  • 不眠の際に利用される、他の睡眠導入剤の補助、
  • 肩こりなどの症状の改善、筋弛緩、

など

 

②服用後、

およそ30分で、効果が出はじめ、

およそ3時間で、ピークに達し、

およそ6時間で、効果がなくなります。

 

3. デパスの副作用

デパス3

「デパスの構造」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)

 

デパスには、

  • 意識障害
  • 言語障害
  • 肝機能障害

などの、様々な副作用があります。

 

また、効果が強い分だけあって、

  • 不安
  • 不眠
  • 幻覚、妄想

といった、離脱症状・禁断症状が、出やすいです。

 

長期間の服用では、目のまぶたが痙攣する「眼瞼痙攣」(がんけんけいれん)。

 

過剰摂取では、植物状態となってしまった事例、亡くなってしまった事例もあります。

 

YUKA862_hisyoumun15210248-thumb-1000xauto-18587

 あがり症を克服したいあなたへ!

 

あがり症克服法 人気ランキング

 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)で悩んでいる方へ ~児島弘樹がお伝えする、あがり症改善プログラム~
あがり症改善プログラム i
対象 極度のあがり症やSAD(社交不安障害)
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法
・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

 

 西村順式あがり症克服講座
あがり症克服 西村順式あがり症克服
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】
対象 一般的なあがり症
日常的なあがり症
評判・口コミ

 

 金井式あがり症改善法実践セミナーDVD
金井式あがり症克服法
対象 一般的なあがり症
評判・口コミ

コメントを残す